社会保険労務士とは

社会保険労務士の資格を取得するにあたって、通信教育を受けたいと思っている人も少なくありません。
通信教育で社会保険労務士の資格を取る動機としては、仕事の合間に資格を取りたい、いくつかの資格を取得するために、効率よく自宅で学びたいということがあります。近年社会保険や厚生年金事業を取り巻く環境は大きく変化しているため、労務管理のプロに手続きの依頼や相談をしたいと願い出る人たちが急増しています。

年金の不払い問題や将来の年金事業に対する不安など、年金そのものに対する信頼が大きく損なわれているため、信頼できる情報源から情報を得たいと考えている人も少なくありません。
公的福祉を確実に得られるようにするため、年金の仕組みや年金の請求などに詳しい社労士の必要性は高まり続けています。社労士の仕事は多岐に及びます。仕事は主に企業の労務管理が中心になります。具体的には健康保険、厚生年金、労災、雇用保険への加入手続きの代行や請求です。

新規に事業を始める人にとって、従業員への福利厚生を提供するために社労士に手続きの依頼をするケースもあります。
また報酬が変わった場合や退職した場合などの受給手続きや支払保険料の算定手付きなども行ないます。手続きには賃金台帳に基づく報酬の計算などがあり、正確さが要求されるため、プロに依頼することで手続きを確実に行えるようにする企業が多くを占めています。
また企業によっては社労士資格を有する従業員を配置して手続き業務を行なうケースもあります。