TACの通信教育で社会保険労務士を目指す

資格取得の学校として有名なTACでは社会保険労務士講座も提供しています。公務員試験をはじめ各種国家試験における合格実績が高く、信頼性の高い教育機関として認知されています。TACの社会保険労務士通信教育は、自宅での学習効率を高めるためにインターネットを活用した教育者と受講者の双方向型の講座に力を入れています。コースも個別に受講できる通信教育講座を提供し、DVDやインターネットによる映像配信型の通信講座が人気を集めています。

TACと聞くと教室受講型の専門学校過程を連想しがちですが、通信教育にも力を入れていて、忙しくてなかなか受講のための時間を取ることのできない社会人を対象にした教育課程を提供しています。教室で提供される質の高い授業を、ストリーミングやDVDによる映像形式で見ることができるという特徴があります。独学で学ぶ場合や従来型の通信講座ではテキストによる受講ですが、TACは大きく異なった学習方法を提供することで、合格率を高めています。

また失業中の方が受けられる教育訓練給付制度の対象となっているため、費用をかけずに社会保険労務士資格を取得できるというメリットもあります。注目できる他の特徴に、きめの細かいサポート体制があります。例えば社労士試験に合格した先輩たちの声や、無料の公開講座など楽しみながら資格取得を目指せるサービスが好評です。勉強していて分からないことがある場合には、電話やメールによる質問受付もあり、分からないことを分かるまで教えてくれるサポートも充実しています。

ユーキャンで社会保険労務士資格を取得する

ユーキャンの社会保険労務士通信教育講座を受けたいと思う場合には、前もって通信教育講座の特徴や利用するメリットを知ることが大切です。ユーキャンは通信教育の分野でリーダー的存在の会社です。数多くの実績と、受講者数の多さで他を圧倒しています。社会保険労務士の通信教育講座の特徴は、分かりやすいテキストと動画による講座の提供です。これまで実施されてきた社労士試験の傾向を分析し、実際の試験に備えることができるよう要点をまとめたテキスト構成が魅力です。

テキストだけではなく、インターネットを利用した動画による講座の提供があり、より分かりやすい授業を受けることができます。テキストだけでは挫折しやすい通信講座ですが、学ぶことの楽しみを味わうことができるのもユーキャンの魅力です。講師陣は150人以上いますから、わからないことがあれば気軽にメールで問い合わせることができ、的確な答えを得ることが可能です。

社労士資格を取りたい人にとって、共通の希望は早く資格を取得したいということです。ユーキャンの通信講座なら、短期間の受講でも合格率が高いという特徴があります。社会人の場合、時間をとることがなかなかできないため、スピーディに要点を掴み、資格を得られるのは大きな魅力といえます。社労士試験に出題される法律的な知識を問う問題については、法改正が頻繁なため年々変化する傾向が見られます。法律改正などの変化にも対応できるよう最新情報を届けることで、資格取得が確実にできるようサポートを行なっています。

フォーサイトの通信教育で社会保険労務士資格を取る

社会保険労務士資格取得のために、通信教育のフォーサイトを検討している人もいるでしょう。フォーサイトの特徴を知っておくことで、客観的に社会保険労務士の通信教育選びをができます。フォーサイトの社会保険労務士通信教育講座で注目したいのが、無料のサンプル請求です。実際に講座で使用する教材を手に取って体験できるので、講座の質や勉強方法などを事前に確かめられるのが特徴です。合格体験談などの役立つツールも用意されているため、資料請求をするだけでもかなり得だといえます。

他にフォーサイトの特徴を挙げれば、ひとつは映像を通じて講師陣の授業が受けられることです。DVD教材が同梱されているため、自宅のパソコンやテレビで視聴ができます。何度でも繰り返してみることができるので、聞き逃す心配がありません。わからない所を理解したり自分の弱点を克服したりするのにも役立ちます。教材の質の高さも定評があります。過去問から傾向を分析し、予想される出題的を絞って学習できます。模擬試験もあるため、本試験までに実力を養成することも可能です。

別の特徴は合格率の高さです。社会保険労務士試験の合格率は全国平均よりも4倍も高く、その合格率の高さがわかります。映像による授業の提供や、要点を絞った分かりやすいテキストの採用など、資格取得に的を絞った教材が功を奏していることがわかりるはずです。安価な価格設定で、インターネットからの申し込みの場合に割引が受けられるなどの特典もあります。

社会保険労務士になるには

社会保険労務士の通信教育を受ける前に知っておきたいのが、社会保険労務士の資格取得に必要な条件です。通信教育を実施している教育機関では資格取得に必要な条件についても詳しく説明しています。社労士はなりたいと思う人でも試験を受ければなれませんから、あらかじめ資格を満たしているかを確かめてから、通信課程を申し込まなければいけません。受験資格には次のいずれかの要件を満たしていることが必要です。

1.四年制大学の単位を履修し卒業している人。2.短大もしくは高専の卒業者。3.行政書士もしくは司法書士の有資格者。または土地家屋調査士、中小企業診断士などの資格を有している人。4.法人の役員もしくは従業員として労務管理業務における実務経験3年以上の人。5.国家公務員、もしくは地方公務員などで行政に関わる事務実務経験3年以上の人。6.社会保険労務士事務所での事務実務経験3年以上の人。7.労働組合の役員もしくは労務担当としての実務経験を3年以上持つ人。

受験資格からも明らかなとおり、大卒、短大卒などであればすぐに要件を満たすことができます。高卒の場合は大卒資格もしくは短大卒資格を取得するか、法人での労務管理の実務を3年以上積み、企業に労務管理実務を証明する証明書を発行してもらうことが必要です。条件に適っている場合には受験資格があるため、通信教育で知識を蓄えて準備を整えれば社労士資格を取得することのできる可能性が高くなります。

社会保険労務士とは

社会保険労務士の資格を取得するにあたって、通信教育を受けたいと思っている人も少なくありません。
通信教育で社会保険労務士の資格を取る動機としては、仕事の合間に資格を取りたい、いくつかの資格を取得するために、効率よく自宅で学びたいということがあります。近年社会保険や厚生年金事業を取り巻く環境は大きく変化しているため、労務管理のプロに手続きの依頼や相談をしたいと願い出る人たちが急増しています。

年金の不払い問題や将来の年金事業に対する不安など、年金そのものに対する信頼が大きく損なわれているため、信頼できる情報源から情報を得たいと考えている人も少なくありません。
公的福祉を確実に得られるようにするため、年金の仕組みや年金の請求などに詳しい社労士の必要性は高まり続けています。社労士の仕事は多岐に及びます。仕事は主に企業の労務管理が中心になります。具体的には健康保険、厚生年金、労災、雇用保険への加入手続きの代行や請求です。

新規に事業を始める人にとって、従業員への福利厚生を提供するために社労士に手続きの依頼をするケースもあります。
また報酬が変わった場合や退職した場合などの受給手続きや支払保険料の算定手付きなども行ないます。手続きには賃金台帳に基づく報酬の計算などがあり、正確さが要求されるため、プロに依頼することで手続きを確実に行えるようにする企業が多くを占めています。
また企業によっては社労士資格を有する従業員を配置して手続き業務を行なうケースもあります。